包茎手術

一度の決心、早めの治療で、その後の生活をより豊かなものに。

一度の決心、早めの治療で、その後の生活をより豊かなものに。本来は露出しているはずの亀頭が、すべて、あるいは一部皮膚で隠れている状態を「包茎」と言います。
日本人男性の約70%が包茎と言われており、多くの方が一人で悩まれたり、「不衛生になりやすい」「性病のリスクが高まる」と言ったデメリットをご存じないまま過ごされています。
当院が行うこだわりの包茎手術では、亀頭を隠してしまう皮膚(包皮)を切除して、自然な見た目に仕上げることができます。
早めの治療で、今後の人生をより豊かなものにしましょう。

こんなお悩みありませんか?

少しでもお悩みの方は、年齢に関係なく、お気軽にご相談ください。

  • 性行為に自信が持てない。
  • 早漏気味。
  • 勃起時の痛みのせいで性行為が難しい。
  • 見た目が嫌だ。
  • 温泉、銭湯、プール、サウナなどの着替えのときに堂々としていたい。
  • ご自身とパートナーの衛生面が気になる。
  • 入院や老後の介護のとき、見られるのが不安。
  • 入院や老後の介護のとき、お世話を受けるときに少しでも手間をかけたくない。
  • 亀頭の異常(ブツブツ、腫れ)が現れた。
  • カスが溜まり、悪臭がする。
  • 包皮が毛を巻き込んで痛みがある
  • 加齢や肥満のため、包皮が亀頭にかぶってきた。

包茎の種類とそのデメリット

包茎の種類は、大きく以下の3つに分類されます。

仮性包茎(保険適用外)

平常時、亀頭の一部またはすべてが皮で覆われているタイプです。勃起したり、手で皮を引っ張ったときには痛みなく亀頭が露出します。
一見、日常生活への支障はないように思われますが、平常時には亀頭が皮で覆われているため、垢や臭いが発生する原因となります。

カントン(嵌頓)包茎(保険適用外)

皮を手で引っ張ることで亀頭を露出させることができても、包皮輪(包皮の折り返し部分)が狭いために痛みが生じるタイプです。
※締め付けがきついにもかかわらず無理な力で亀頭を露出させると、包皮が戻らなくなったり、亀頭下の皮膚が腫れることがあります。そのまま放置するとうっ血することもありますので、ご注意ください。

真性包茎(健康保険が適用されます)

平常時・勃起時、共に亀頭が皮に覆われているタイプです。
勃起や性交渉の際に痛みが生じたり、排尿に支障をきたすこともあります。亀頭を清潔に維持することが難しいので、炎症のリスクが高まります。また、亀頭と包皮が癒着してしまうこともあるので、早めの治療が必要です。

包茎のデメリット

包茎を放置していると、以下のようなデメリットがあります。
思春期以降に、早めの治療をお勧めします。

  • 臭いや垢が溜まって不衛生になりやすい。
  • 炎症や性病のリスクが高まる。(亀頭包皮炎、尿道炎)
  • 早漏の原因となる。
  • 勃起時に痛みが生じることがある。性交渉に支障が出る。
  • 性交渉に消極的になってしまう。
  • 陰毛が包皮に絡まる。
  • コンプレックスとなりやすい。
  • 陰茎がんとの関連性が指摘されている。
  • カントン包茎の場合、亀頭が壊死することがある。
  • 温泉、銭湯、プール、サウナなど、着替えが必要な行動を避けがちになる。

包茎と性病の関係について

包茎と性病の関係について包茎が性病(性感染症)を引き起こすリスクをはらんでいることはあまり知られていません。
包皮をかぶった亀頭は垢が溜まり高湿度なため、雑菌が増殖しやすい状態です。梅毒、淋病、クラミジア感染症、性器ヘルペス、HIV等の感染リスクが高まります。またたとえ治療したとしても、再発のリスクを抱えたままであることには変わりありません。
尿道炎、尖圭(せんけい)コンジローマなどにもかかりやすくなります。
不便がないといって放置せず、早めに治療を受けられることをお勧めします。

「亀頭直下切開法」による包茎手術で、自然な仕上がりを実現

「亀頭直下埋没法」による包茎手術で、自然な仕上がりを実現包茎手術は、一生に一度のものです。
当院では、従来まで散見されたような、一目で包茎手術をしたことが分かる仕上がりでは意味がないと考えます。そのため、数ある包茎手術の中でも、特に手術痕の目立たない自然な仕上がりが実現できる「亀頭直下切開法」を採用しております。
縫合のラインを亀頭のすぐ下に収めますので、手術痕が目立ちません。美容外科の技術を要する比較的高度な術式ですが、当院ではこれまで数多くの手術を安全に行い、ご満足いただける結果に至っております。
安心して受診していただければと思います。

他院で受けられた包茎手術への修正術

当院では、他院で受けられた包茎手術への追加手術も行っております。追加手術をご希望される方は、以下のようなお悩みを持ってご来院されます。

1.包皮の切除量が不十分

包茎手術の際の包皮の切除量が十分でない場合、追加切除を行うことができます。
亀頭付近の包皮が余っている場合にはその部分を切除します。亀頭付近の包皮が余っていなければ、ペニスの根元の皮膚を切除することもできます。

2.傷跡が目立つ

当院で再手術を行う場合には、傷跡が目立たないよう極細の糸を使います。
皮膚科、形成外科を軸とする当院では、高度な縫合技術により目立たない見た目に仕上げることができます。ただし、傷跡を完全に消すことは難しいとお考えください。

3.勃起時に皮膚が突っ張る、勃起時のペニスのサイズが小さくなった

包皮を切除しすぎた場合、勃起時に皮膚が突っ張ったり、勃起時のペニスが小さくなることがあります。
軽度の場合には、突っ張る箇所だけ皮膚形成術で改善できますが、全体的に皮膚の量が不足している場合には、皮膚の移植手術を行います。
ただし、移植する皮膚は身体の他の場所から持ってくるため、傷跡や色の違いが生じることは避けられません。ペニスの根元側への移植により、できるだけ目立たないように仕上げます。

Q&A

 包茎とは、そもそもどんな状態のことですか?

ペニスの皮が余り、ペニスの先端部「亀頭」が隠れてしまっている状態を指します。
包茎手術では、亀頭を正常に露出させることで、見た目、機能、衛生面を改善することを目的としています。

 治療前のカウンセリングは有料ですか?

当院では、患者様にご納得していただいた上での治療を大切にしておりますので、初回のカウンセリングは無料です。お気軽にご予約ください。

 麻酔のための注射はどこに打ちますか?

局所麻酔では、切除する箇所(余っている皮膚)に直接打ちます。

 手術は痛いですか?

局所麻酔を打つときにチクッとした痛みがありますが、その後は痛みを感じなくなります。無痛状態で手術を行うことができます。

 包茎手術には、どのくらい時間がかかりますか?

まずは麻酔用の塗り薬を塗り、浸透させるために15分ほど待ちます。その後、局所麻酔を打ち、手術を開始してから終了するまでが、約30分です。

 手術後はすぐ帰れますか?

30分ほど安静にしていただき、出血が止まっていることを確認してからご帰宅していただきます。

 何歳から手術を受けることができますか?

ペニスの成長が止まる、19歳頃以降に手術を受けることが推奨されています。思春期以降に包茎にお悩みの方はご相談ください。年齢の上限はありません。

 保険治療は適用されますか?

真性包茎のみ保険適用が可能です。

 包茎の場合、早漏になりやすいって本当ですか?

包皮に包まれている亀頭は、普段刺激を受けることが少なくなります。その分性交渉時の刺激に過敏になり、早漏になると言われています。全ての方に当てはまるとは言い切れませんが、包茎手術を受けることで普段から亀頭が下着などに触れて刺激に慣れ、早漏が改善することは実際によくあります。

 包茎手術で勃起不全が治るときいたことがありますが、本当ですか?

勃起不全にはさまざまな原因がありますが、包茎を治したからといって勃起不全が改善するということはありません。
血流の問題の場合には、バイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬を当院でもご用意しておりますので、一度ご相談いただければと思います。

 運動はいつからできますか?

手術後の腫れが治まるのに1~2週間程度かかりますので、その間は運動、長湯、飲酒などは控えてください。腫れが長引いたり、出血の原因となります。

 シャワー、入浴(湯船に浸かる)はいつからできますか?

シャワーは手術の3日後から可能です。入浴は、腫れの治まる2週間後から開始できます。

 性交はすぐできますか?

傷そのものは1週間程度で治りますが、強度がまだ不十分なはずです。縫合箇所の強度が十分になる手術1か月後までは、マスターベーション、性交渉はお控えください。勃起により傷口が開くこともあり得ます。

 包茎矯正器具って、効果はあるんですか?

皮膚には弾力があり、伸び縮みするものですから、現在よく見られるタイプの矯正器具では治すことは難しいのではないでしょうか。真性包茎用の矯正器具の中には、包皮を傷つけたり、出血したりといったリスクもありますので、信頼の置ける医療機関で正しい治療を受けられることをお勧めします。

 包茎手術の後には、包帯やガーゼを巻きますか?

包茎手術直後は、出血のしやすい状態ですので包帯による圧迫は欠かせません。ただし、亀頭部分は覆いませんので、排尿には支障をきたしません。翌日になれば外していただいて構いません。

 包茎手術で、傷跡は残りますか?

当院が採用している亀頭直下埋没法では、縫合ラインを亀頭のすぐ下に収めますので手術痕が目立ちません。(※全く残らないわけではありません。現代医療において、切開を伴う以上、手術痕を全く残さないということはできません。)
また、メスの入れ方、縫合技術、縫合糸の太さや素材にこだわって手術を行い、できるだけ痕が残らないようにしています。当院院長は、形成外科の専門医でもあります。安心して受診していただければと思います。

 手術したことが分かるような跡は残りませんか?

当院は、一目で手術したと分かる包茎手術では意味がないと考えます。手術方法、糸の素材にこだわって診療しておりますので、手術後、時間が経つにつれ見た目の違和感がほとんどなくなります。

包茎専門クリニックとの違い

包茎手術専門に謳っているクリニックが多数存在しますが、当院はそこに負けない技術と知識があると自負しております。当院の院長は形成外科専門医、美容外科専門医として、さまざまな身体の傷跡・変形・欠損などの再建・修復を行って参りました。機能性だけでなく、美しさの回復という面でも、多くの経験を重ねております。この経験が包茎手術にも生かされ、常に見た目の美しさを考えながら診療を行いますので、安心して受診していただければと思います。
また、当院は総合美容医療クリニックです。ニキビやシワの治療、ひげ脱毛などにも対応しているため、通院しているところを万が一お知り合いに見られても気にならないと、患者様より思いがけずご好評をいただいております。

Tel.06-6776-8966仮予約はこちら
一番上に戻る

LINE@・アプリを登録してお得な情報をゲットLINE / APP

LINE@ お得なクーポン配信中! たにまちクリニック公式LINE@では、お得な情報やイベント・キャンペーンなどの最新情報をお届けしています

当院のアプリはじめました!!

たにまちクリニック オフィシャルHP

専門サイト一覧SITE LIST

  • 栄養療法専門サイト
  • タトゥー除去・刺青除去専門サイト
  • 遠隔診療専門サイト
  • 豊胸アクアフィリング専門サイト
  • リフトアップ専門サイト